Return to site

ゲストのご紹介です 西村勇哉さん

西村勇哉さん 特定非営利活動法人ミラツク代表 は、ゲストスピーカーを依頼しに伺ったとき、私たちイベント実行委員が伝えたい、若い世代へのメッセージへの想いを即座にキャッチしてくれました。
イベントのコンセプトをお話している中で、実行委員が感銘を受けたお話を紹介します。
「私たちはこの世では大きいことはできません。小さなことを大きな愛でするだけです。」というマザー・テレサの言葉を引用して、「夢や希望があって、何か大きなことをしたい若い人はたくさんいます。それを成し遂げる方法論まで落ちていない。ファシリテーションはその一つの有効な具体的な方法。それを今回のイベントでお伝えして参加者の夢を具現化してあげたいです。」
代表を務める ミラツク は、『既にある未来の可能性の実現に取り組む』をテーマに、異なるセクター、異なる地域、異なる職種など、領域を超えた協力を生み出し、より良い社会に向けたイノベーションが加速すること目指して活動をされています。
西村さんのご活躍の勢いはとどまることを知りません。
2017年2月のイベントでは『共創とオープンイノベーションを実現するプロジェクトの起こし方』というテーマでワークショップを開催していただきます。領域を超えた繋がりと、そこで起こるイノベーションの加速を体験できることを、私たち実行委員もとても楽しみにしています。

特定非営利法人ミラツク
http://emerging-future.org/

西村勇哉さんのプロフィール

特定非営利活動法人ミラツク 代表理事
1981年大阪府池田市生まれ。大阪大学大学院にて人間科学(Human Science)の修士を取得。人材開発ベンチャー企業、公益財団法人日本生産性本部を経て、2008年より開始したダイアログBARの活動を前身に、2011年にNPO法人ミラツクを設立。
Emerging Future we already have(既に在る未来を実現する)をテーマに、起業家、企業、NPO、行政、大学など異なる立場の人たちが加わる、全国横断型のセクターを超えたソーシャル イノベーションプラットフォームの構築と企業内の新規事業開発、地域の産業振興のためのオープンイノベーションプラットフォームの構築に取り組む。
共著「クリエイティブ・コミュニティ・デザイン」(フィルムアート社)
慶應義塾大学大学院システムデザインマネジメント研究科 非常勤講師、大阪大学大学院国際公共政策研究科 招聘教員

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly